マルシェ・ビスタ

パンノンハルミ アパーチャーギ ピンツェーセト パンノンハルミ トリコリシュ レッド

¥2,280 (税込)

在庫10個

個数
商品コード: AZ21A104840 カテゴリー: , , ,

商品説明

ベネディクト修道院が造るピノ・ノワール種をブレンドした赤ワイン

Pannonhalmi Apatsagi Pinceszet Pannonhalmi Tricollis Red
750ml    2020 年

ハンガリー
パンノンハルマ
…………….

世界中から巡礼に訪れる信者に向けて、親しみを持ってもらうために国際品種で造られた赤。手摘み収穫。収量40hl/ha。野生酵母を用いて発酵。熟成は228Lのハンガリアンオークで13ヶ月熟成。世界遺産~ The World Heritage ~ パンノンハルマのベネディクト派大修道院とその自然環境が造るワイン。パンノンハルマのブドウ畑にかこまれた丘の上に修道院が建っています。996年の創設より 1000年もの間、ぶどうを収穫してワイン作りに力を注いできたベネディクト派修道士たちの住むパンノンハルマ修道院です。現存するハンガリー最古の修道院は今でも学校や修道院として使われており、ブドウ畑のある丘と森も含めて1996年に世界遺産に登録されました。 昔から修道士たちが丹精して作るワインはその品質が評価され外国にまで知れ渡っていました。特に評判になったのは「パンノンハルマ・リスリング」です。アーモンドやモクセイのような香りと滑らかな舌触りのこの白ワインは、ハプスブルグ家のマリアテレジア女王にも愛されました。女王はそのしるしに金糸で刺繍されたミサ服を修道院に贈っています。しかしパンノンハルマ・リスリングは、第二次世界大戦後ハンガリーが社会主義体制になると贅沢品としてもう造ることが許されませんでした。さらにフィロキセラの来襲と、2度にわたる世界大戦にまきこまれ、その後の共産党独裁政権による修道院のワイナリーと畑の差し押さえにより、しばらく修道院のワイン造りは壊滅となりました。しかし2000年よりハンガリーの国営銀行の協力で再建。修道院が再び古くからの伝統のワインを復活させようとぶどうの木を栽培し始めました。今、やっと実を結び始めたぶどうには修道士たちの期待と誇りが詰まっているのです。栽培面積50ヘクタール。 土壌は砂質ロームと砂質レス、森の腐食土。標高200mの台地にあるPackallo畑で造られます。面積3ha。植樹は2007年。手摘み収穫。収量45hl/ha。エレガントでどっしりとした酒質。余韻も長く 若木ながら既に土地のミネラルを表現するポテンシャルを持っています。年間生産量7,000本。