マルシェ・ビスタ

ロドリゲス サンソ ラクリムス ホワイト

¥1,890 (税込)

在庫10個

個数
商品コード: AZ21A104638 カテゴリー: , , ,

商品説明

希少品種テンプラニーリョ・ブランコの素晴らしさが味わえる1本

Rodriguez Sanzo Lacrimus White
750ml    2019 年

スペイン
カスティーリャ・イ・レオン
…………….

リオハを代表する黒葡萄品種、テンプラニーリョが突然変異して生まれたブランコ種。希少な白葡萄品種で、その生産量はごく僅か。そんなブランコ種を低収量かつ樽熟(新樽比率30%)で仕上げた本格白ワインです。テンプラニーリョ・ブランコ種は黒葡萄のテンプラニーリョ種の突然変異で生まれた品種と言われています。栽培は主にリオハで行われていて、そのリオハでの黒葡萄のテンプラニーリョ種の総面積は約20万ha。それに対し、白葡萄のテンプラニーリョ・ブランコはたったの760ha。つまり黒葡萄に対して、白葡萄は約0.4%のみの栽培となる希少品種です(DOCaリオハ 2019年統計から参照)。品種の特徴はクセの無い飲み口、そして適度に冷涼感が感じられる所にあります。ラクリムス・ホワイトは、その長所を最大限に生かした造りを行っています。畑のロケーションはリオハの標高620mのモンテ・イエルガ山の麓に位置します。土壌は砂質石灰土壌。1haあたり36hlという低収量を実践。収穫は手摘みで行われ、発酵は野生酵母にてステンレスタンクで行い、熟成はフレンチオーク(ヴォージュ産)225L樽(新樽比率30%)で行われます。年間生産本数6000本。うち、日本への輸入は年間1200本を予定しています。